本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > 取り組み

取り組み

グリーンエコチャレンジ

樹齢2,000年の神代桜の苗木を植樹しています

神代桜とは

神代桜(じんだいざくら)とは、山梨県北杜市武川町の実相寺境内にある樹齢2000年ともいわれるエドヒガンザクラの老木である。山高神代桜(やまたかじんだいざくら)ともいう。

日本五大桜または三大巨桜の1つであり、1922年(大正11年)10月12日には国の天然記念物第一号に、平成2年6月に新日本名木百選に指定された。
日本武尊が東征の際、この桜を植えたといわれる。また、鎌倉時代、日蓮がこの木の衰えているのを見て、祈ったところ蘇ったという伝説がある。

2008年(平成20年)から2009年(平成21年)にかけて、本桜を含む14種の花の種を国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」に8か月半滞在させたのちに地球へ戻し、無重力状態が発育に与える影響などを調べるという実験が行われた。

諏訪大社・三嶋大社に実績として植樹しました

Copyright © 株式会社創源社 All Rights Reserved.